バイナリーオプション必勝法日記(High&Low・EUR/JPY・5/24)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【24option】月ボーナスキャンペーンのお知らせ☆

  只今、24optionでは入金額に応じて最大≪100≫%!
  ボーナスキャンペーンを実施中です。

  詳しくはキャンペーン情報ページにてご確認ください!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

=== バイナリーオプション必勝法日記(High&Low・EUR/JPY・5/24)===

 

本日の取引は、おなじみユーロ円でHigh&Low取引です。

 

High&Low取引とは
・・・期限時点のマーケットが、
買時点より「上がる」か「下がる」か予想して賭ける取引です

 

では本日の取引です↓↓↓

 

取引方法⇒High&Low
取引銘柄⇒10:30期限、リターン率72%、EUR/JPY

 

 

10:15~様子見
ユーロ円、ここ1時間は132.0620-132.5030間で推移

 

10:19 マーケット132.291の時点で「高」選択、投資額200$入力、                                買クリック

1

ここ2分くらいの上昇の波に乗って「高」で購入しました

今回は「高」選択なので期限時点でマーケットが
グレーの線(=ターゲット値)より上にきていれば私の勝ちです

今回の場合、投資額は200$なので勝てば
200×1.72=344$のリターン(144$の利益)となります

 

・・・と、さらにマーケットがぐんぐん上昇!

ここまでの値動きは変動しても想定できる範囲内での変動のように見受けましたので    今度は「低」で追加購入して、ハサミうち戦法を実施します!

 

10:21 マーケット132.320の時点で「低」選択、投資額200$入力、             買クリック

2

 

今回は「低」選択なので期限時点でマーケットが
グレーの線(=ターゲット値)より下にきていれば私の勝ちです

今回の場合も、投資額は200$なので勝てば
200×1.72=344$のリターン(144$の利益)となります

 

しかし・・・同じ10:21台に132.3830まで一時急上昇^^;

その時点で「低」で購入すればより広い範囲でのハサミ打ちなり、       より高い勝率で取引ができましたよね

焦りすぎました^^;

 

画像は10:25時点での取引の様子です

一取引目

3

 

ニ取引目

4

 

期限時点でマーケットが132.291-132.320内にあれば、     ニ取引とも勝利となり288$の利益となります

今のところ、イイ感じですね^^
このまま期限まで目立った変動もなくやり過ごせればいいのですが・・・。

 

10:30 マーケット132.356で終了

一取引目:勝ちました
144$の利益です

5

ニ取引目:負けました
リターンゼロ(200$の損失です)

6

7

 

期限直前にまさかの急上昇^^;

5分前にはOKだったニ取引目ですが、

予想に反して期限時点ではそのターゲット値をさりげなく上回り笑

あえなく負けとなってしまいました。

 

というわけで、本日は・・・トータル56$の損失となってしまいました~^^;

 

それなら余計なことしないで

一取引だけにしておけばよかったじゃないか~!っていう。

 

やはり明らかに、ニ取引目のターゲット値設定を

早まりすぎたのが敗因ですね。

 

次回は慎重に頑張りたいと思います!

 

 

本日取引しました「High&Low」以外にも

24option.comでは「ワンタッチ」「境界」「60seconds」といった

多様な取引方法で、短時間でライフスタイルに合わせた、

バイナリーオプションを楽しむことができます。

 

それらのバラエティあふれる取引方法を、

図解付きで分かりやすく解説した

24option.com専用【バイナリー操作マニュアル】

当ブログ内・無料プレゼントページから

いつでも・どなた様でも無料でお受取いただけるようになっております。

(PDFファイルでのお届けとなります。)

 

バイナリーオプションにご興味のある貴方、

ぜひぜひ、お取り寄せになってみてくださいねo(^-^)o

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年5月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:実践日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ