バイナリーオプション必勝法日記(60seconds・EUR/JPY・4/8)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 【24option】月ボーナスキャンペーンのお知らせ☆

  只今、24optionでは入金額に応じて最大≪100≫%!
  ボーナスキャンペーンを実施中です。

  詳しくはキャンペーン情報ページにてご確認ください!
   

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

=== バイナリーオプション必勝法日記(60seconds・EUR/JPY・4/8)===

本日の取引は、おなじみユーロ円で60seconds取引です。

  
  60seconds取引とは
  ・・・1分後のマーケットが、
    買時点より「上がる」か「下がる」か予想して賭ける取引です

    予想が当たれば勝ち、外れれば負け、となります
     例)上がると予想→下がった→負け
       下がると予想→下がった→勝ち

    と、基本的な考え方は通常のHigh&Lowと同じです。
    

では本日の取引です↓↓↓

取引方法⇒60seconds
取引銘柄⇒リターン率70%、EUR/JPY

 
9:50~様子見
     ユーロ円、ここ1時間は127.7500-128.4340間で推移

 

10:01 マーケット127.967の時点で「低」選択、投資額200$入力、
      買クリック

       1
     
      今回は下落しながらも一時値を上げたタイミングで「低」で購入しました
     

      今回は「低」選択なので期限時点でマーケットが
      グレーの線(=ターゲット値)より下にきていれば私の勝ちです

      投資額は200$なので勝てば
      200×1.70=340$のリターン(140$の利益)となります

            ↓

      買クリックすると、チャートのメモリが1分間の拡大バージョンになります

       2

        
            ↓

      25秒経過
       
      3

            ↓

      45秒経過

       4

 

10:02 マーケット127.941で終了→勝ちました、140$の利益です^^

       5

      6

 

 

本日は久しぶりに60secondsに挑戦です。

 

買クリックより25秒~50秒経過時点では

予想に反して、ターゲット値を上回る時点で横ばいが続きましたが

期限時点では無事予想の「低」範囲となり、一安心です。

 

 
購入した1分後のマーケットが上がるか下がるか予想するだけ、

と、1分で自ずと勝敗が決まる60secondsは
    
短期決済バイナリーオプションの中でも最短取引が可能!
   
大人気な取引方法のひとつです。

 
基本的な取引は通常のHigh&Low同様、

これ以上上がらないと思った時点で「低」/これ以下に下がらないと思った時点で「高」

にかけるのがキホンです。

 

ですから、なだらかな値動きの場合は不向きとですが、

今回のユーロ円のように

激しく変動しながらもトレンドがハッキリしている相場では

有効に活用すれば沢山のチャンスを生かせる取引方法ということが言えますね。

 


 
一銭でも予想した範囲に動けば勝ち、

短時間でより多くの利益を上げる!

 

24option.comならではの取引手法、「ハサミうち戦法」はじめ、

数々のバラエティあふれる取引手法掲載の【必勝マニュアル“虎の巻”“龍の巻”】

【最速新規登録&入金マニュアル】内よりお受け取りいただけます。

 

 
【必勝マニュアル“虎の巻”“龍の巻”】の取得方法は

【最速新規登録&入金マニュアル】内にてご確認ください。

 

   【最速新規登録&入金マニュアル】
    http://e-fcj.com/kadt.pdf

   ※右クリック→対象ファイルに保存にてダウンロード

 

さらに今なら!

【必勝マニュアル“虎の巻”“龍の巻”】ご請求で!

 

  宝石紫【メタトレーダー4導入マニュアル】
  宝石紫【メタトレーダー4実践マニュアル】

 

同時進呈中です!

 

この機会にぜひ!

有効なお取引にご活用くださいねv(^-^)v

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年4月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:実践日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ